v

社会人として備えに役立つキャッシング機能

社会人としての備えとしても1枚あるといいキャッシング機能

 

キャッシングの機能は上手に使えば、自分のいざという時の武器になるけれど、

 

金利やキャッシングの事故についても、よく考えて利用すべきって、

 

これは社会人1年生の時の社会人教育で必ず話題になっています。

 

私もそう思って、できる限りクレジットカードを作る時は、

 

キャッシング機能をつけない、もしくは金額をぎりぎりまで下げるようにしています。

 

怖いものだという認識のもとで、あってよかったと思った時、

 

子供が出来てからが案外使うようになったことって多いように思います。

 

突然のけがで病院に駆け込む、突発で熱出してなど診察が必要な時、何度か使いました。

 

これは本当にあってよかったと思えた瞬間で、それ以来はキャッシング機能を大事にするようにしています。

 

病院でもクレジット支払いができるのですが、趣味でよくキャンプに行くのですが、

 

その時の怪我に対処するには、その地方にある故人病院などに頼ることが多いものです。

 

血が出る、ぶつけるなどの応急処置はある程度のスキルでカバーできますが、

 

頭をぶつけた、おなかが痛いなど見えないものに関しては、

 

やはり病院に駆け込むことが多いものです。

 

地方の病院は、お休みでも何度か対応いただいたことがあり感謝してもしきれない経験もありました。

 

銀行が閉まっていても、コンビニにはATMがあるので口座にある分が心細い時に

 

思い出し、助けていただいた経験があります。

 

近い方、使い道には十二分の自覚が必要ですが、

 

怪我、事故は自分だけのことではなく、どうしてもキャッシュが必要な時って出てきます。

 

その時のためではありませんが、社会人の備えとして1枚用意しておいて損はないと思いました。

 

ルールと使い道さえ間違えることがないように、使い勝手のいいものを用意しましょう。

page top