公共料金クレジットカード

公共料金をクレジットカード払いの仕組みやメリットそしてデメリット

公共料金をクレジットカード払いの仕組みやメリットそしてデメリット

 

毎月の公共料金の支払いに足を運ぶのが、イチイチ面倒だと感じている方!

 

そんな方にぜひオススメしたいのが、
公共料金をクレジットカードによる支払いに切り替えることです。

 

その仕組みやメリット、そしてデメリットについて説明。

 

クレジットカードでの公共料金の支払いを申し込みの前に確認しなくてはならないこと!

 

公共料金の支払い先が、クレジットカード払いに対応しているか?
自分が持っているクレジットカードでの支払いに対応しているか?

 

電気料金などは、ほぼ全ての電力会社がクレジットカードによる支払いに対応していますが、
ガスや水道など、契約先や地域によっては、クレジットカードによる支払いに対応していないところも多くあります。

 

クレジットカードによる支払いに対応していないと、クレジットカードでの支払いはできません。

 

次に、ご自身がお持ちで支払いに使用しようとするクレジットカードの種類についてですが、
大手国際クレジットブランドのマークがついているクレジットカードであればほぼ対応可能なものの、
一部のショップ主導によって発行されるクレジットカードには、
大手国際クレジットブランドのマークが付いていないものもありますので、
支払い先が受け付けているクレジットカードの種類をキチンと確認する必要があります。

 

その公共料金をクレジットカードでの支払いに切り替えようとする際は、
支払い先によっても異なりますが、
カスタマーセンターに電話をして申し込むか、
インターネットを介して申し込む方法が、
主な申し込み方法になります。

 

カスタマーセンターに電話で申し込む際の注意としては、
支払いに使用しようとするクレジットカードの名義人ご本人が電話するということをお勧めします。
昨今、クレジットカードがらみの犯罪防止のために
、コンプライアンスやセキュリティが一段と厳しくなる傾向があり、
たとえご家族の方であっても、クレジットカードによる支払い申し込みを受け付けることができない、
というところも増えているからです。

 

公共料金はクレジットカード払いにするメリット
公共料金は、毎月支払う必要があるものが多いですから、
その支払いがクレジットカードでできるようになると、
毎月足を運ばなくてはならなかった金融機関やコンビニエンスストアに足を運ぶ必要がなくなりますから、
時間的節約や手間の削減につながります。

 

コンビニエンスストアでの支払いついでに買い物してしまうといった誘惑からも遠ざかることができます。
また、忙しさやうっかりしていたなどといった理由による支払い忘れも少なくなります。
少なくなるとあえて書いたのは、
クレジットカードの引き落とし口座にお金が足りないと、
結果として支払えないことにつながるため、
その点だけは注意が必要です。(口座に不足分のお金を自動的に貸し付けてくれるオプションなどをつけていれば大丈夫ですが、
結果としてそれはお金を借り入れることになります。)

 

さらに、お使いのクレジットカードにもよりますが、
支払い額に応じたポイントが加算されることになります。

 

金額がある程度予測できる公共料金は、
その獲得ポイントも予測できることにつながりますので、
一定期間の後に商品券などに交換すれば、お買い物に利用することができるので、お得感も倍増します。

 

公共料金支払いをクレジットカード払いにするデメリット
デメリットを考えてみますと、
一番は実際に自分で現金を払うことがないので、
支払い対する管理が甘くなってしまうことが多いことです。

 

電気やガス水道などといった代表的な公共料金は、
当然のことながらその使用量の多い少ないによって支払う金額が変わります。

 

ご自分で金融機関やコンビニエンスストアに出向いて現金で支払いをしていたときは、
「今月はちょっと使いすぎたかもなぁ」といった感じを抱くことができるのですが、
それがクレジットカードで支払うようになると、
どうしてもその感覚が薄れてきてしまいがちです。

 

電気やガスそして水道のムダ使いを避けるためにも、
クレジットカード払いに変更しても、
ぜひその使用明細にきちんと目を通して、
使用量を把握し、
またクレジットカードの使用明細を見て金額を把握するように努めてください
。そうしたちょっとしたチェックが節約にもつながるはずです。

 

さて、ここまでクレジットカードによる公共料金の支払いについて書いてきました。
クレジットカード払いに切り替えてもよいかな、
と考えられるものは浮かびますか?もし浮かんだら、
早速検討してみましょう。
申し込みの方法、手持ちのクレジットカードの使用可否の確認、
そしてクレジットカード支払いのメリットそしてデメリットの検証も忘れずに行ってくださいね。

page top