ion468-01

クレジットカード「JALカード」とマイル

クレジットカード「JALカード」とマイル
JALカードを持つ人のほとんどの目的といえば、航空会社のマイルをためるということ。
航空会社のマイルというのは、数あるポイントプログラムの中でもコストパフォーマンスの高いポイントプログラムとして知られております。

 

JALカードでは、色々なアクションでポイントをためることが出来ます。
まず当然ですが、飛行機に乗るとポイントをためることが出来ます。
対象運賃のフライトに乗るだけでポイントをもらうことが出来ますが、カードの種類によっては、それにプラスしてさらにボーナスポイントがもらえる場合も。
例えば、入会して搭乗すると最大で5000マイル、毎年初回の搭乗に関しては最大で2000マイル、そして搭乗するごとに区間マイルの25パーセントをプラスしてくれる、といった具合です。
飛行機に乗るだけがマイルをためる手段でないのが、JALカードのメリット。
飛行機に乗らずしてマイルをためる人のことを「陸マイラー」というのですが、JALカードはまさに陸マイラー向けのカードです。
JALカードを使ってショッピングをすると、最大で200円で2マイルが付与されます。
しかもこのポイント、ダイレクトにマイルとしてたまりますので、他の航空会社系カードのように、ポイントからマイルへの移行で手数料がかかるということもありません。
また、不定期なショッピング以外にも、毎月必ず発生する公共料金の支払いなどでも、カードを利用すればマイル積算の対象となります。

 

このように、普通にカード払いをするだけでも結構マイルがたまるJALカードですが、さらにマイルをためる方法があります。
まず、JALカードショッピングマイルプレミアムに入会することです。
一部のカードでは入会金が必要となりますが、それをすれば100円利用ごとに最大で2マイルたまります。
費用対効果は非常に高いプログラムです。
さらに、JALカードツアープレミアムというプログラムもあります。
これにあらかじめ登録をしておくと、通常はマイルがたまりにくいパッケージツアーや割引航空券でも、区間マイルの100パーセントマイルがたまるようになります。

 

しかし、たまったマイルというのは使わなければ意味がありません。
たまったマイルは36ヶ月間有効となります。
使い道も様々です。
王道ともいえる特典航空券、いわゆる無料航空券に交換することもできますし、アップグレードに使うことも出来ます。
さらにクーポンに交換することもできますし、電子マネーWAONに交換すれば、スーパーなどでも利用できます。

 

オカマイラーは一枚のカードで頑張ります!

 

航空会社のマイレージカードと一体型になっているカードを利用しています。

 

しかし、普段の生活で飛行機を活用しているのかというと、そう言ったわけではありません。

 

飛行機は旅行に行くときなどに年に1,2回利用するだけですので、マイルを溜めると言っても、飛行機に乗って貯めることは不可能です。

 

そんなときに出会ったカードが航空会社と鉄道のIC機能が一体型になったカードでした。

 

ショッピングでもマイルを溜めることができることが魅力でしたし、普段の生活では鉄道を主に使うため鉄道会社のポイントが溜められることも魅力の一つでした。

 

現在は「オカマイラー」として日々の買い物を一枚のカードですることによって、年間でかなりのマイルを溜めています。来年の夏休みはハワイまでの飛行機代をマイルで浮かそうと思っています。

 

カードは大きな買い物をするためのものと言ったイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、私はコンビニでお昼を買うときもカードで支払いをします。

 

大きな買い物は滅多にしませんが、コンビニの買い物や、スーパーの買い物など日常的にカードを利用するように心がけると、塵も積めれば山となるの諺通り、年間の総額では「大きな買い物」に匹敵する利用額になります。

 

また、デパートやスーパーなどでは個別にカードを発行していることが多いですが、私は一切利用していません。

 

確かに、そのデパートやスーパーで使えるポイントへの還元率は高いですが、それ以外のポイントへの移行ができなかったり、出来たとしても非常に還元率が悪いのです。

 

決まった場所でしか使えないポイントを複数枚のカードに分けて持っていても使えるまでポイントが溜まる前に有効期限が切れてしまいます。

 

それを考えたら、多少還元率が悪くても自分が一番必要とするポイントが溜められるカード一枚を持ち、全ての買い物をそのカードに集約した方が最終的に利用できるポイントやマイルは多くなると思います。

 

私の場合は飛行機のマイルを溜めることが一番の目的でしたので、ショッピングマイルのコースにも入り、通常の2倍のポイントが付くようにしています。

 

一般的にはデパートやスーパー系のカードの還元率が高いので、ご自分が一番多く利用するスーパー系のカードを一つ持ち、それを使用するのが良いかもしれません。