最適なクレジットカードの選び方

最適なクレジットカードの選び方

クレジットカードは、カード会社によってさまざまな付帯サービスがあり、何を持って得とするかによって、選び方が変わります。

 

いわゆるポイント還元は、ほとんどのクレジットカードで行っていますが、年会費や会員代を取るところもあり、一概に高ポイントだからといって、あわてて飛びつくと、実質ポイントが低い場合もありますので、注意しましょう。

 

 漢方スタイルカードには、ポイント還元率が脅威の1.75%というカードがあります。

 

これは年間30万円使ったとしたら、5,250円分が還付されるという国内最高のカードです。

 

ただし、年会費1,575円がとられること、ポイント還元が少し複雑なこと、全国チェーンではないため、その店では使えないことなどの難点があります。

 

 また、カードには高ポイントだけではなく、ある種のステータス感や社会的地位を表現するための役割もあります。

 

カード決済する際に、ゴールドカードなどプレミアカードを出したときの店員の扱いは、一般カードと全く違っていて、ステータス感がくすぐられます。

 

また、たいていのプレミアカードには、空港ラウンジの使用、飛行機に乗る際の5000万円の保険付きなどの付加サービスがあります。

 

頻繁に飛行機に乗る人であれば、年会費が多少高くとも、十分なメリットがあるといえます。

 

 このようにさまざまなシチュエーションに合わせて、最適なカードを選びましょう。

 

私が薦めるクレジットカードの選び方

ビジネスマンや主婦の方々も、今ではクレジットカードでお買い物を済ませるのが当然のような時代です。

 

違うお店に行くたびにポイントカードやクレジットカードをつくらされ、お財布の中がカードだらけになってしまい、どこのポイントが貯まっていて、どのカードのポイントが期限切れになるのかさえも分からなくなるほどではないでしょうか。

 

そこで、おススメするクレジットカードの選び方をご紹介します。

 

@管理のしやすさで選ぶ

クレジットカードの種類を減らす事が先決です。極端に言うと、最もよく利用するお店のクレジットカードだけにしてしまい、多店舗へ行かない事です。

 

比較する店がないのは不利だとお思いかもしれませんが、実はそうでもありません。

 

最も安い買い物をする為に、電車や車を使い、徒歩でも時間と労力を使って足を運ぶわけですから、普段から極端な価格の差がなければ一店舗に絞ってみるのも有効なのです。

 

結果として、お財布がカードで膨らんでしまう事がないし、店舗のポイントなどが期限切れになる事もないので有効活用も出来ますから、むしろ良い事尽くめとも言えます。

 

A使える店舗数やポイントの多さなどの活用面で選ぶ

カードには、本当に一店舗しか使えないカードや、ポイントの付与にカードのランク付けが適用されて不公平さを感じるものも中にはあります。

 

そうすると、いくらカードの枚数を減らして管理がしやすくなっても、メリットよりもデメリットが目立ってしまいますから、カードの選択時には自分が最も利用する店舗と、提携する企業やお店がどれくらいあるのかくらいは知っておいた方が得です。

 

特に旅行先において最も効果的に使う事が出来るようになります。

 

また、キャンペーン中などでポイントが一時的に増えたりする店舗や企業もありますから、そうした期間を活用できるクレジットカードの選択が望ましいでしょう。

page top