年会費とポイント還元率がクレジットカード選びの要

年会費とポイント還元率がクレジットカード選びの要です。

クレジットカードの最も有利な選び方は、年会費と還元ポイントの差額が決め手

 

現代はクレジットカードであふれていて、買物の際についつい薦められて作ってしまうことが多いと思います。

 

クレジットカード会社間の競争は熾烈なので、使った額に対する還元率や入会金、年間手数料、さらには付帯サービスに相当の差が生じています。

 

どこの会社のクレジットカードを使うかで、年間で比較するとびっくりするほどの差となってしまうので、クレジットカードは自分のライフスタイルに合ったカードをできるだけ1本化して使うことが、お得な使い方となります。

 

一番注目する部分は、なんといっても還元率です。

 

数年前まで、カードを使って還元されるのは商品券やギフト券が主流で、金利がつかないでさらに何かもらえるというのが魅力でしたが、現在は、使った額に応じて、ポイントを還元するのが一般的です。

 

クレジット会社によって、大体0.5%から最高はなんと1.8%まで還元されるカードがあります。光熱水費や携帯電話代、食料費、日用品、衣料品などを1本に取りまとめれば、どこの世帯でも最低でも年間100万円以上は使用します。

 

還元率にすれば、年間5,000円から18,000円の差になって現れてきますので、とてもうれしいサービスです。

 

ただし注意したいのは、還元率の高いカードほど、入会金、年会費がかかってしまうことです。支払いを1本化できないと、還元率が高くとも、年会費料等に消える場合があるので要注意です。

 

また、還元率が低くとも、国内傷害保険付帯、空港ラウンジ無料サービスなど旅行好きの人には魅力的なサービスが付いているカードもあるので、人によっては還元率が低くとも得するカードもあります。

 

要はライフスタイルに合わせて、一番最適なカードを選ぶことが、最も有利なクレジットカードの選び方となります。

 

クレジットカードは還元率を優先する。

クレジットカードを作る時に一番に考えなければならないことはポイントの還元率です。

 

どのクレジットカードでも還元率はあまり変わらないと考える人がいるようですが、もちろんそうではありません。

 

通常の使用でのクレジットカードの還元率は0.5%から1.5%程度と3倍程度の差があることは明らかです。

 

もちろん還元率以外の付帯サービスやある一定の利用で還元率が上がるようなクレジットカードもありますが、基本的にはどこで使っても還元されるポイントの還元率を優先すべきです。

 

実際にクレジットカードを利用すると分かりますが、最近ではクレジットカードを使える店舗やサービスがかなり増えてきており、普段の生活でもかなりの頻度でクレジットカードを利用することが可能となっています。

 

そうなれば、特定の店舗だけの還元率よりも全体の還元率を優先するべきなのは言うまでもないことです。
それと注意しなければならないことは年会費の問題です。

 

1000円程度の年会費を大したことがないと考える向きもありますが、1000円をポイントとして還元してもらうには大抵は10万円程度のクレジットカードの利用が必要なので、下手をすれば1カ月分のポイント還元がなくなる計算となるのです。

 

 

クレジットカードに年会費を払うのはもったいないです。

 

そこで年会費が無料のクレジットカードがいいと思います。

 

その点で言うと、楽天カードがいいです。

 

楽天カードだったら、100円につき1ポイントがつきますから、ポイントがどんどん貯まって行きます。

 

楽天カードで貯まったポイントは楽天でのお買い物に使えますので、カードで支払えば支払うほど、ポイントがたまって、その分、楽天での買い物に使えますので、とてもお得です。

 

楽天カードのVISAカードを使っていますが、高いものを買ったときにはリポ払いに変更したりして、毎月の支払いを一定に保つようにしています。

 

楽天カードだと、カードを利用して支払いをしたことが、メールでお知らせがあるので、不正に使われた場合など、すぐにわかるので非常に便利です。

 

そして、一括払いで支払いを済ませた後でも、リポ払いに変更することができるので、支払い予定を考えてリポ払いに変更したりできます。

 

インターネットで明細書が出て来るので、紙が無駄にならずに済みます。

 

VISAカードなので、使える場所が多くて、たいていの買い物にはクレジットカードでの支払いができるので、とても便利です。現金を持ち歩かなくてもいいところがいいです。

 

クレジットカードは還元率で選ぶ

クレジットカードを使う理由は人によってそれぞれあると思われますが、一番多い理由はポイントが還元されるということではないでしょうか。

 

現金主義の人もまだまだ多いと思われますが、クレジットカードを利用した支払いにおいても一回払いの場合は現金で支払うのと同じ金額であるのでポイント分が安くなるという考え方です。

 

そうなるとクレジットカードを選ぶ時にも一番に重要視されるのはポイント還元率ということになります。

 

もちろんポイントとはいっても特殊な場合を除いては0.5%から1%くらいのポイント還元率でありますから、あまりクレジットカードを理由しない人にとっては年会費もポイントで還元されないということになりかねません。

 

もちろん年会費が永年無料のクレジットカードですとポイント分は確実にお得になりますので洗濯はしやすくなります。

 

しかし、現在では一部のクレジットカード会社においてポイント還元率が通常の場合においても2%程度の還元率を宣伝文句にしているものも出てきます。

 

この場合も注意すべきは年会費で通常のプロパークレジットカードよりも少し年会費の高い場合もあり、その場合はポイント還元率が低い年会費無料のカードにお得度が負けてしまうということもあり得ます。

page top