クレジットカード 海外 手数料 海外のクレジットカード利用事情

海外のクレジットカード利用事情

 

海外でのクレジットカードの普及は凄いものがあります。
日本と違い、海外では信用問題として、クレジットカードの提示を求めたりします。
それは、きちんと審査されている信用できる
という事かもしれません。
こんなクレジットカードは、1950年にアメリカで産声をあげた「ダイナースクラブ」が誕生のきっかけなのです。
その「ダイナースクラブ」が発行した
「チャージプレート」が、まさしく始まりです。
その後、アメリカン・エキスプレス、MasterCard、VISAと次々に誕生していったわけです。
この4つの国際ブランドは、全てアメリカ発のブランドばかりなのです。
さて、そんなクレジットカードの国際ブランドも、VISAが世界bP、日本国内でもbP、
MasterCardは、世界でbQ、しかし、ヨーロッパでは非常に愛されているカードです。
JCBは、唯一の日本発の国際ブランドです。
アジア圏では、まずまず浸透しています。
また、ハワイでは、JCBカードが、かなり重宝されています。
現に、現地での特典・サービスでは、群を抜いています。

 

また、海外でクレジットカードを使うと手数料がかかってしまいます。
それは、カード発行会社が決めているわけではありません。

 

それでは、どの位の手数料なのか見てみましょう。
VISAとMasterCardは、1.63%、
JCBの場合は、1.60%、
アメックス、2.00%、
Diners、1.3%と決められています。
また為替レートは、クレジットカードを使用した日ではなく、
その利用したデーターが、日本のクレジットカード会社に届いた日のレートを使用しています。
その為、タイムラグが生じるのです。
しかし、もしタイムラグで、多少金額が高くなったと
しても、クレジットカードを利用する方がお得だと思います。

 

なぜなら、ポイントが付いてきます。
それに、両替手数料が不要だからです。
両替手数料は4〜10%と言われています。
中には、非常に高額手数料を要求する場合もあるようです。
そのことを考えればクレジットカードを使用する方が良いのではないでしょうか。
他には、クレジットカードを海外で使用しても、店の名前など忘れて思い出せない場合があります。
その場合、非常に助かるのが、アメリカン・エキスプレスの利用明細です。
ちゃんと請求があった店の業種が表記されています。
その気遣いは、さすがです。

 

どうでしても海外での利用分は、請求が遅かったりします。
忘れてしまいますよね。
他には、万が一、クレジットカードをなくした場合を想定し、
クレジットカードナンバーは、どこかに控えておくこと。
それと、紛失した場合の連絡先も控えておくことをおすすめします。

 

もっと言えば、1枚よりも2枚カードをお持ちいただくと安心快適な旅になること間違いありません。
当然カードを持ち歩く場合は、バラバラに分けてください。

 

やはり、海外旅行を快適にしてくれるのも、クレジットカードです。
しかし、紛失や盗難などクレジットカードが手元になくなると、海外旅行の楽しさも半減どころか、かなりテンションも
下がってしまうのも確かです。
そう考えると、すぐに再発行してもらえるのは非常に助かります
。その為にも、連絡先などは、しっかりと控えて行きましょう。海外旅行のかなりを
クレジットカードが左右すると言っても過言ではないです。
それほどまでに、人々の生活に入り込んでいるということかもしれません。
今や旅行には欠かせない存在になったことは、間違いないようです。

クレジットカード 海外 手数料関連ページ

電子マネー ビットコイン
電子マネー ビットコイン