クレジットカード作り方

クレジットカード作り方@

 

一番便利で使いやすく使えば現金より得できるクレジットカードなら作りたいと思いませんか?

 

クレジットカードっていくら便利でも使えば使うほど損をして費用がかかるクレジットカードなら作ったり申込んだりはしないですよね・・・

 

でも本当に其のクレジットカードに利用価値が見出せなかったら・・・そんなカード見向きもしないはずですね。

 

今持っている

 

今使っている

 

今気に入っている

 

其のクレジットカードはどんなカードでしょうか?

 

一度見なおすことも必要だと思います。

クレジットカード作り方A

初めてクレジットカードを作りたい方に

 

オススメのカードの作り方と比較があれば選ぶ基準も変わってくるはずです。

 

家族カードや学生カードも考慮して検討する必要があります。

 

 

カードのポイントを貯める楽しみ

最近では各社のクレジットカードが、顧客の取り込みを図ろうとさまざまなポイントサービスを充実させています。

 

あまりカードが多すぎても、管理するのが大変になるのですが、どの店で買い物すれば、どれくらいのポイントがつくのかということをいつも頭に置きながら、買い物をしています。

 

一方でカードの買い物が増えすると、現金を使わなってしまい、いくら出費したのかということに無頓着になる不安もあります。

 

もちろんその点はよく注意しないといけないと思います。

 

最近、とくに使う機会が増えているのが楽天カードとTSUTAYAのTカードです。

 

楽天カードは買い物のたびに、楽天市場で利用できるポイントがたまっていくので便利。

 

またTカードも、なるべくポイントがつくコンビニエンスストアで買い物をするようにして、たまったポイントをガソリンなどの買い物の割引などに使うようにしています。

 

クレジットカードによってポイント還元率

クレジットカードによってポイント還元率には大きな違いがあります。

 

使って得なクレジットカードなら還元率が高いといえます。

 

ココが一番のポイントでしょうね!

 

クレジットカード還元率に注目してクレジットカードを作れば損することはありません!

 

なぜならクレジットカードの重要な要素はポイントの還元率だからです。

 

ポイント還元率には大きな違いとは?

 

クレジットカードによってポイント還元率には大きな違いがあります。

 

クレジットカードを発行している会社によっては大きな違いが出現してきます。

 

クレジットカードは色々な場面での支払いにりよう出来てとても便利なモノです。

 

特にネットショッピングなどでは、無いと不便とまで感じると思います。

 

もしもネットショッピングでの決済がクレジットカード以外に指定されたら、

 

銀行口座からの振り込み手続きが発生するために

 

すべての方が同じ金融機関の口座同士でうまく振り込みできるとは限らないのです。

 

クレジットカード決済なら、その場で決済可能なのですから、早すぎて便利すぎるといえますね!

クレジットカードの限度額こんな意見も・・・

クレジットカードはとても便利だと思いますし、どこへ買い物に行っても利用可能な店では必ず使っています。

 

しかし、どういった仕組みで、お金が指定口座から引き落とされているのか全く知らないし、誰かのミスで多く支払ってしまうことは無いのか、本当に安全なのか全くわからない。

 

カードを落として、悪意ある人に拾われたら、サインなんて誰も確認していないのだから何百万円も損してしまわないか。

 

そんなことを考えてしまうと、年々増えていくカード利用限度額は今のままでいいのか心配になります。
大抵の人は、限度額を増やしたいと考えているみたいですが、去年クレジットカード会社に電話して限度額を引き下げてもらう電話をしました。

 

応答口で対応した女性は、限度額を一旦引き下げると2度と上限を引き上げることはできません、と再三にわたり見直しをやめるように忠告してきました。

 

限度額数十万円に変更しましたが、大型家電は変えないのが残念ですが

 

日常生活には不便も感じていません。

クレジットカードの利用範囲…どこまでカバーされている?

ほとんど、クレジットカードで支払っていますが、まだまだ現金では駄目なところが多いですね。

 

私が使えるようになってほしいところは、税金、住宅ローンの支払いや賃貸の支払いに使えるようになるともっとポイントが貯まるのに、何か使えない理由があるんでしょうか?

 

クレジットカードが使える場合と、使えないの理由が知りたいですね。

 

あと、金額で使えるようにしたりしてるところもあります。

 

これは手数料の問題なんでしょうけど、コンビニやスーパーは何百円でもつかます。

 

私がクレジットカードを使うメリットとしては
財布を持ち歩かずに住むので持ち歩く荷物を少なく出来る。
ポイントで現金化にも商品で交換も出来る。
何に使ったか管理出来る。
銀行に行く回数が減る。

 

反対にデメリットはカード番号と名前だけでネットショッピングが出来てしまうのでその類いの被害に遭う確率がで来てしまうという事ですが、

 

今のところ使う店舗も選んでるし、ネットショッピングでもちゃんとセキュリティ対策があるか確かめてから行ってるので被害はないですね。

 

使う側の使い方ってことだと思ってこれからもカード決算で行こうと思います。

クレジットカードは1枚は持っておきたい!

クレジットカードは1枚は持っておきたい! 私が初めてクレジットカードを持ったのは就職して社会人になってからです。新しく銀行口座を作るときに銀行員から勧められて銀行系クレジットカードを申し込みました。

 

最初はあまり使うことはなかったのですが、大きな買い物をするときに初めて使ってからクレジットカードの便利さが分かり、それからよく使うようになりました。

 

今では買い物をする時はもちろんですが、公共料金などもすべてクレジットカードを利用しています。ちなみに、今は銀行系クレジットカードは解約してポイント還元率が高いクレジットカードを利用しています。

 

ポイント還元率が高いと、ポイントがどんどんたまります。貯まったポイントは商品と交換できたり、他社のポイントと交換できたり、ポイントを使って商品を購入することができるのでとてもお得なんです。

 

ちなみに、私は貯めたポイントを使っていろいろと欲しい商品を購入しています。例えば、コスメや洋服、大好きなお取り寄せスイーツまでいろいろとポイントで購入させてもらっています。

 

今クレジットカードを持っていな人がいたら絶対に1枚は持っていたほうがいいと思います。ちなみに、クレジットカードを選ぶときにはポイント還元率が高いものを選ぶことをおすすめします。

 

楽天カード
rakutenn007

楽天カード
楽天市場お買物がいつでもポイント2倍!
入会金・年会費永年無料!VISA・JCB・ MaterCardなら楽天スーパーポイント貯まる。
<楽天カード利用例> 例えば1ヶ月で850ポイント、1年間に換算すると10,200ポイント貯まる!
貯まったポイントは、楽天市場でお買い物に使えます!
 <楽天カードの特典>
・楽天内は2%、楽天外でも1%のポイント貯まる!
・維持費は0円!入会金・年会費はかかりません!
・しかも、入会者全員にポイントプレゼント!
>>> お申込はこちら

入会特典

年会費

評価

○○○円ポイントプレゼントも

年会費永年無料

クレジットカード,1枚,持っておきたい,

選ぶなら世界シェア NO.1のVisa   三井住友VISAクレジットカード
mscard03

三井住友VISAクレジットカード
もれなく・プレゼント
最強の三井住友VISAクレジットカードに申込できます!
VISAカードは世界中の200以上の国で利用されているNO.1カード!海外でも日本語サポートが利用できる安心と信頼が一番のクレジットカードを選んでよかったと実感できます。もちろん全国のコンビニや飲食店・スーパーでもピッ決済可能です。ともちろん初年度入会金は無料でネット申し込みなら最短3営業日で入手できます。ポイントが普通のカードより2倍、旅行傷害保険が充実している、あるいはスマホポイント2倍の女性向けカードなど多種多様なカードから選べます。
>>> お申込はこちら

入会特典 年会費 評価
プレゼント 初年度年会費 無料 クレジットカード,1枚,持っておきたい,

 

イオンカード
ion250250

イオンカード では只今ネット限定イオンカードセレクト新規入会&利用キャンペーン
ポイントプレゼント中!
>>>イオンカード お申込はこちら

入会特典

年会費

評価

ポイント

入会金・年会費無料

クレジットカード,1枚,持っておきたい,

クレジットカードのライトユーザーなら年会費無料が無難な選択

クレジットカードはメリット、デメリットありますが、一般的な現金の支払いとの比較以外にもヘビーユーザーかライトユーザーかでも違ってきます。
当然ヘビーユーザーというような使い方は日々クレジットカードを使う頻度も多く、また使う金額も多いのでクレジットカードについている特典や保険などのサービスも手厚いものが多いといえます。
ライトユーザーなら一般的なクレジットカードの便利さなど一通りの機能を利用できますが、特典もサービスも少なくなる傾向があります。
クレジットカードを選ぶ要素としてはこの特典やサービス、ポイント還元率などの内容に年会費というのも大きなポイントになります。
ヘビーユーザーならクレジットカードについている特典やサービス、またポイント還元なども十分、享受できるので年会費を払っても損はない場合が多いと思います。
しかしライトユーザーならそういったメリットを享受しないまま年会費を払うことになるので、カードを維持するためにだけ別にお金を払うことになります。
そういうことからあまり使う頻度がない場合は年会費無料のものを選ぶほうが無難です。
ライトユーザーでもクレジットカードはあれば便利なときも多くあります。
海外ではクレジットカードは便利という以上に外国人に対して信用度というものを示してくれます。
現金がないときにクレジットカードで支払う方法というのを持つことは大きな意味もあります。
こういうような意味合いで使用頻度も使用額も少ない、持っておくということをメインにしているなら還元率や特典、サービスなどの点よりもやはり年会費が無料のものを選ぶのがベストではないかと思います。
もしあまり使う予定がなくそれでもクレジットカードを持っておきたいというのなら年会費無料のカードが無難な選択といえます。